ボストンの暮らし、花のある暮らし

キューバ首都ハバナの治安 子連れ旅行

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカボストンに住んでいます。自宅でお花を細々と教える傍ら、Instagramを楽しんでいます。写真のテーマはズバリ「花と暮らし」。年間約200件以上のフィーチャー獲得。今ではお花の写真のメディアクリエイターとなってしまいました。。。将来の夢はフラワーデザイナー。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、Yukaです。

遅〜くなりましたが、キューバの首都ハバナの治安についてです。

これが、一番知りたいことよね?

と、外せないテーマだと思いますので、改めて・・・m(_ _)m

 

今回は、4歳の息子連れでキューバへ旅行してきました。

僕、Kochanだよ〜♫

こうちゃん

息子の為に、リゾート地バラデロ4泊

それは、本当のキューバじゃない!

・・・ということで、

首都ハバナにも1泊してきました。




 

バハマ 旧市街

 

しばし、夫のカメラから画像をお楽しみください♫ (夫のInstagram @vic_nkt )

 

夫 「・・・・・・」 パシャパシャ!パシャパシャ!

私 「・・・・・・」 パシャパシャ!パシャパシャ!

カメラ、ストップ〜〜〜

こうちゃん

ママ〜ホテル帰ろうよ〜

こうちゃん

So Brokenだよ〜!

こうちゃん

車、So Dangerous だよ〜!

こうちゃん

歩くだけのこうちゃんは、つまらなくてついに・・・大泣き(^◇^;)

 

泣かないの!そういう、国だ!

・・・すごい教育・・・

強くなれ!こうちゃん!母より

旧市街の路上にて、売られていたひよこ。

 

道で売られていたひよこ🐥に慰められた、こうちゃん💗

 

旧市街はフォトジェニックでカメラ好きにはたまらない場所でしたが、

道幅は狭くて、子連れには向いていないかも?でした笑

現地の方ばかりのところなので、観光客は目立つ存在でしたが、そう危険は感じられませんでした。

確かに、日が落ちたら歩くのはやめておいた方が良いと思います。

 

ハバナには、世界からクルーズ船が立ち寄ります(アメリカ以外の)が、

その港付近は、とても整備され美しい街並みと観光客で溢れていました。

 

 

 

クラシックカー ツアー

 

バラデロでは、ピンク色のキャデラックに乗車しましたが、

キューバには至るところで、観光客向けにクラシックカータクシーがあり、街中を走ってくれます。

お久しぶりね💗

Cadillacちゃん

 

ここで一つしくじり報告。

タクシードライバーは、ぼったくりをする柄の悪い人が多かったです。

うちの夫は、スペイン語が話せるし強気の交渉も得意な方なので、現地で直に交渉を試みましたが、

交渉する人、交渉する人、

 

事前に調べて行った相場よりもだいぶ吹っかける上に、交渉が一切聞かない人が多いです!

30分くらい、いろんな人に声かけましたが・・・

 

まだなの〜乗ろうよ〜かっこいいCar!

こうちゃん

 

それで、やっと乗せてくれたドライバーも

最初は20cuc(us$20) でいいよと言って乗せてくれたのに、

降り際に

「やっぱり 50cucだ!」とタクシーのおっさんが言ってきて、

ちょっと喧嘩になりました。

 

直接交渉せずに、ホテルなどで手配してもらう方が、 タクシーとホテルの信頼関係もあるので、大人しくサービスしてくれると思いました。

 

フィリピンやタイでは、いつも交渉がうまくいっていたのですが、

どうやら、キューバは違うみたい。

交渉に自信のある方、あまりここではやらない方がいいですよ〜

 

それでもやっぱり、

クラシックカーで街中のツアーは、こうちゃんもご機嫌♫

 

動画で、街の雰囲気などもお楽しみ下さい🚗

 

 

 セレブな空間ルーフトップBAR

 

動画にも登場しましたが、

偶然、街中で見つけた素敵なホテルのルーフトップBAR紹介します🌟

カジュアルレストランなので、軽食も食べられますし、ドレスコードもありません。

Gran Hotel Manzana Kempinski La Habana CUBA

EL SURTIDOR POOL AND BAR

EL SURTIDOR POOL TERRACE AND BAR

ソファからの眺めも素敵

 

さっきまでの大泣きが嘘のような、こうちゃん👦

夫は、カメラ📷

私とこうちゃんはゆっくり休憩〜☕️

皆んなが、ようやくハッピーになった時でした笑

 

まとめ

 

治安という意味では、全体的にそんなに怖いところではありませんでした。

旧市街は観光客やお店は少なく、人々の生活を垣間見ることができて、おもしろかったです。

クルーズ船の港周辺や、中心地は綺麗な場所も多く、多くのヨーロピアンが観光に訪れていました。

外国人として目立ってしまう点はありますが、強引な客引きなども無くて、歩きやすかったです。

夜は出歩かない、これを守ればトラブルに巻き込まれる可能性はとても低いと思います。

 




 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカボストンに住んでいます。自宅でお花を細々と教える傍ら、Instagramを楽しんでいます。写真のテーマはズバリ「花と暮らし」。年間約200件以上のフィーチャー獲得。今ではお花の写真のメディアクリエイターとなってしまいました。。。将来の夢はフラワーデザイナー。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© yukafloral's blog , 2017 All Rights Reserved.