ボストンの暮らし、花のある暮らし

キューバの空港(Varadero)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカボストンに住んでいます。自宅でお花を細々と教える傍ら、Instagramを楽しんでいます。写真のテーマはズバリ「花と暮らし」。年間約200件以上のフィーチャー獲得。今ではお花の写真のメディアクリエイターとなってしまいました。。。将来の夢はフラワーデザイナー。
詳しいプロフィールはこちら

 

↑↑ 夫のカメラより (夫のインスタグラム@vic_nkt)

こんにちは。Yukaです。

私たちは、

アメリカン航空で、ボストンからマイアミ経由でバラデロ(キューバ)へ向かいました。

  • BOS AA949 MIA (飛行時間3時間半)
  • BOS AA2741 VRA (飛行時間1時間5分)

 

ディズニー所有の島(バハマの一つ)とメキシコのリゾートカンクンに挟まれた場所にある、常夏の島キューバ🏝

ボストンとの時差はゼロです。

 

なぜ、首都ハバナへ向かわなかったかというと。。。

うちの息子が・・・

I love BEACH! 遊びたいっ遊びたいっ

こうちゃん

・・・まぁ、そうだよね。。。

夏だし、カリブ海だし、街中は子供にはつまらんよなー。。。

 

しかし、インスタグラマー夫が街中撮影したいって言うのよねー汗

 

街に出なきゃ、キューバの意味がない!

 

どうしたもんかな。。。

 

。。。と考えた結果、

 

遊びたい息子こうちゃんは、バラデロのリゾートに宿泊。

撮影したパパはそこから車で3時間の首都ハバナへ1泊外泊すると言う、作戦に。

日程は、バラデロに4泊、家族みんなでハバナに1泊になりました。

 

なので行きは、バラデロ空港に到着✈️

 

緊張の入国審査

 

アメリカン航空とサヨナラをして、降り立ったら異国の地。

当たり前だけど、スペイン語づくし。

ドキドキしながら、入国審査に並んでいたら。。。

 

 

入国審査の前で、「お前と子供はこっちだ。」と係りの人から指示が。

えっ家族だけど??

パパとバイバイなのー?なんでー?

こうちゃん

 

夫婦、家族限らず、大人は一人一人の入国審査のようです。

 

私、全くスペイン語できないよ〜〜💦

ドキドキ・・・

ツギノヒト。。。(カタコト英語)

入国審査官

アメリカンなこうちゃんは、いつも(アメリカ国内)の調子で、元気に挨拶。

Hi! I’m Kochan!!

こうちゃん

・・・・・それを聞いた入国審査官は黙りこんで・・・・

・・・・・・・??イラッ

入国審査官

・・・・た、漂う緊張感!😱

 

まずは、パスポートを出したら、

3冊あったパスポートを見て、

???・・・3人目はどこだ?

入国審査官

 

え?あ、・・・・この子はアメリカ生まれなので2冊持ってるんです・・・

何を言っている????ちょっと待て確認する!

入国審査官

えーなんでー?😱

 

 

・・・どうやら、一人の人が2冊パスポートを持つと言うケースがあると言うことを知らなかったようです。

しばし理解してくれるのに時間がかかり、すごく驚かれました。

 

セキュリティ 手荷物検査

 

やっと、入国審査が終わったら、

国に入るのにもセキュリティチェックがあります。(フツー無いよね。)

 

 

ちょーミニスカ⭐︎セクシーレディばかりのセキュリティゲート!!!

セキュリティにその色気いる??

・・・・・・・・❤️❤️❤️!!!!

こうちゃん

・・・・・・はぁ。

 

夫が入国審査から出てこない。

と、そういえば、入国審査で別れた夫、遅いな〜

・・・・・

15分経過

・・・・まだ、出てこない。。。LINEしてみようっと、、

あれ????WiFiが全く無いの???? キューバに行く前に気をつけること。

30分経過

 

まだ、出てこない夫。

遅い!遅すぎる!きょ、強制送還とか!!??まさか、有りうる? ・・・そしたら、どうしよう!私とこうちゃんだけ、ホテルに行くの?どうやって???😱

 

40分経過

 

おーい・・・

やっと・・・!で、出てきた!

・・・・ホッと一安心。

・・・・・

アメリカで仕事をしている人は、入国審査、覚悟が必要かもね・・・(^◇^;)

 

荷物受け取り Baggage Claim

 

荷物が出てくるのは、すごく遅いです。

一個ずつ、すごい間隔で出てくる。。。

もしかしたら、一個ずつセキュリティにかけてから、出してきているのかも。。。と言うくらい遅い。

最低1時間は引き取りにかかると思います。

 

 

両替所

 

キューバには二つの通貨が存在していて、

米ドルなど、外国の通貨と両替ができるのが、CUC (ホテル、レストラン、高速バスなど)

両替不可の地元のみの通貨が、CUP(屋台、市バスなど)

US$1=CUC1   CUC1=CUP20 (2017年8月現在)

空港では、CUCに両替してくれます。

米ドルから、両替するときは手数料10パーセント取られます。

 

ここで、トラブル報告汗

 

  • BOS AA949 MIA (飛行時間3時間半)
  • BOS AA2741 VRA (飛行時間1時間5分)

アメリカン航空の上記の便で飛んできましたが、

ボストン発が、機材トラブルによって出発が1時間遅れました。

その関係で、マイアミでの乗り継ぎが、たった30分に💦

私たちは、飛行機に滑り込みましたが・・・・

・・・・荷物が!!!マイアミに置いてけぼり・・・・

次の日に、荷物だけホテルに到着しました涙

暑い中の、着替えなし、化粧品なしはかなりきつかった!です😱

 

まとめ

 

  • 入国審査は家族といえど、大人1人ずつする。
  • 入国審査が終わったら、手荷物検査がある。全員女性でミニスカート
  • アメリカで仕事をしていると、入国審査で質問ぜめにあう。
  • 荷物受け取りは異常に時間がかかる。
  • 両替所では、CUCに両替してくれ、10パーセントの手数料がかかる。
  • 経由する場合、飛行機の乗り継ぎ時間が短すぎる場合は少し危険だ。

 

以上、いかがでしたか。

空港の話だったので、写真がほぼなくて下手くそなイラスト載せちゃいましたが、

空港から異国感たっぷりといった感じでした。

 

また、近々、リゾート編でお会いしましょう〜🙌

この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカボストンに住んでいます。自宅でお花を細々と教える傍ら、Instagramを楽しんでいます。写真のテーマはズバリ「花と暮らし」。年間約200件以上のフィーチャー獲得。今ではお花の写真のメディアクリエイターとなってしまいました。。。将来の夢はフラワーデザイナー。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© yukafloral's blog , 2017 All Rights Reserved.